金利を少なくするためにはどうすれば?

金利の確認

金利の確認

金額が多いと低くなる

キャッシング会社のホームページなどを閲覧していると「金利7.9%~18.0%」といった表記を見かけることもあると思います。この例で言えば「金利が7.9%ってすごく低い!」と喜んで申し込みをしてしまうと思いますが、実際にその金利が適用されるというわけではありません。この金利というのは借り入れする金額によって前後するものだと考えて差し支えないでしょう。キャッシングの金利というのは貸金業法によって明確に定められています。2014年現在では上限が20%までとなっていますので、それ以上の金利が発生する場合は法的にはありえません。これを破っているのがいわゆるヤミ金と呼ばれるものです。

この貸金業法によって「借入金額が大きいほど金利が安くなる」ことが明確に定められています。貸金業法の利息制限法によると10万円未満の場合:20%、10万円以上100万円未満の場合:18%、100万円以上の場合:15%と借入金額に応じて金利の上限が分類されていることが分かります。これらのことを考えると、キャッシング会社を金利で選ぶときには実際に自分が借り入れしようと思っている金額の金利を確認する必要があるというわけです。例えば、「金利7.9%~18.0%」と「金利5.0%~18.0%」のキャッシング会社があると後者を選びたくなるものです。しかし、10万円しか借りる予定のない人にとって本当に後者の方が金利が安いとは限らないのでこのあたりは事前に確認しておく必要があると言えます。

金利を安くする

計算が大事

では、キャッシングでできるだけ金利を少なくするためにはどのようなポイントに気をつければ良いでしょうか。まず最初に挙げられるのは利息制限法による上限利息についてです。100万円以上を一度に借りることによって金利は年間15%までが上限となります。ですのでもしも50万円ずつ2回借り入れをしようと思っている方は年間18%の金利で100万円を借りてしまうことになるため、むしろ一度に100万円の借り入れをした方が金利を低く済ませることができる場合もあります。これらのことから最終的に同じ金額を借りることになるのなら一度に申し込みをした方が金利が優遇されるということになります。とはいえ、借入希望金額が大きくなるとその分審査が厳しくなってしまうため審査が通らずそもそもキャッシングを利用することができないといったことも考えられます。

次に、無利息期間のあるキャッシングを検討してみるということです。いくつかの会社ではキャンペーンとして最初の1ヶ月間だけ利息が発生しないといった内容のキャンペーンを行っている場合があります。特に返済のメドが立っておりすぐに返済することができるという方にとっては利息が発生しないキャンペーンなわけですのでこの上なくありがたいサービスだと言えますよね。このようにそれぞれのキャッシング会社の持つキャンペーンなどにも注目してみましょう。